忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 03:31 】 |
国際ジャーナル・報道ニッポン 一週間は短い
一週間に10日来い~・・・なんて、古ーい歌にあったような・・・

なんで一週間に10日か、というと、
ある時期の私は、ハードなWワークをしていまして、
昼は週6日、8時間~11時間位のフルタイム勤務。
夜も8時間のフルタイム勤務、というのを週に3日程こなしていました。
そうすると、単純に8時間×6日=48時間プラスアルファ+8時間×4日=32時間で
最低でも週に80時間+アルファ働いていました。

こうなると、一週間て何日あるの?って話ですよね。
まあ、残業やらなにやらで、コレくらい働いてる方は多いと思いますが・・・

こんな生活を続けていると、日々の区切りがあまり無くなってしまいますね。

深夜労働が終わった後一時間ばかり仮眠して、
すぐ昼の仕事に出勤。昼の仕事が終わると二日分の睡眠をとりたいのだけれど、
目が冴えすぎて、寝られない。
お家でずっと待っていてくれた猫とくっついては、いつも2時間位ずつの
浅い眠りを繰り返していました。
だから月に何度かはもう正体不明になるくらい爆睡。
猫も呆れて、何度も顔をバンバン叩きに来ました・・・・

そんな生活も2年程で終わりましたが、我ながら、タフだなーと。
そのせいか、眠るのが大好きな私ですが、いまだに徹夜も苦になりません。
もっとも、今では、好きなことに熱中しての徹夜に限りますが・・・

隣にあるコインパーキングもガラガラです。
なのに仕事に出ている私。
誰かが言ってましたが、条件の悪い職場で働きなれてる人は、例え転職しても、
また、同じような環境に身を置いてしまうとか。
ああ、楽に生きたいです。




国際ジャーナル』は、昭和59年の創刊以来、経営者が必要とする生の情報を直接お届けしている経済情報誌です。
ザ・ヒューマンは独自の取材を通じて経営者の熱き思いを全国に届ける経営情報誌です。「智略と信念」──「日本を支える企業」「美食探訪」ドクター「医療の最前線から」スペシャリスト「真の英知で善導」社寺「悟りと真理」など、人気企画で構成。
報道ニッポン
国際ジャーナル
PR
【2011/05/06 16:35 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル・報道ニッポン 日本人の平均年収はどれくらいが妥当であるか? | ホーム | ザ・ヒューマン チビタをご存知ですか?>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>