忍者ブログ
  • 2017.08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.10
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/09/26 14:33 】 |
国際ジャーナル 私たちを襲う眠気
「眠たい」・・・そう思っても仕事中は、当然のことながら寝てはいけません。
心のなかでは分かっているのですが、昼食後から午後3時頃にかけての睡魔というのは、か

なりのものではないでしょうか。その時間帯に「眠い」と思う人は少なくはないでしょう。
どうして午後になると眠くなってしまうのでしょうか。

あるクリニックの院長は「午後1~3治に感じる眠気は「ポストランチディプ」と呼ばれていて、
もともと人間はこの時間帯に強い眠気を感じる生体リズムを持っているものなんです」と話し
ているそうです。

ちなみに、人間は体温が下がるときにも眠気を感じるのだそうです。暖かい部屋にいると眠く
なるときも多いかと思いますが、それは一時的に体温が上がり、もとの体温に戻ろうとする
機能によって体温が下がり始めるからなのだそうです。

だからといって「人間だから仕方ない」と開き直って仕事中に眠ってしまうわけにはいかない
でしょう。眠気に負けない方法があれば有難いと思いませんか。
ある研究所の先生は一時的な対処方法として「カフェインを摂る」「ガムを噛む」「冷たい風
をあびる」「顔を洗う」「周囲を明るくする」「体を動かす」などをあげています。

実は「おやつ」も効果的なのだそうです。
昔の人はちょうど眠くなる時間帯に、お茶請けを食べてアゴを動かし、お茶でカフェインを摂
っていたのだそうです。「おやつ」の語源は、「八ツ時」今の言い方でいうと午後2時からきて
いるそうです。
眠気を戦うというのは非常につらいことだとは思いますが、何とか乗り切りたいですね。





報道通信社が発行する報道ニッポンは、地域に根ざした地元企業経営者の生の声を各界著名人との対談で表現、充実の特集・取材記事を掲載しています。
21世紀の「今」を生きる経営者へのインタビューを通じて時代の扉を開く特別取材企画「再生日本」をはじめ、「企業家たちの横顔に迫る」「医療と福祉」「Specialistに学べ!」「ニッポンを支える技と心~VIP・ザ・職人」「いい店 いい人 いい出会い(「美容と健康」、「食彩逸店」)」など、人気企画で構成。
報道通信社
現代画報
PR
【2011/04/15 19:29 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<国際ジャーナル 地方自治体の選挙結果を考える | ホーム | 国際ジャーナル 三つ子の魂百まで>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>