忍者ブログ
  • 2017.09
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.11
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/10/18 03:23 】 |
月刊 ザ・ヒューマンの取材 あの世への門
暦の上では立秋、処暑と、秋を告げる節目を迎えてはいるものの、まだまだ猛暑
が続く日本列島。

しかし夏至からほぼ2ヶ月、間違いなく日は短くなってきています。

京都では、8月16日のお盆の精霊の送り火、五山の送り火を過ぎると秋が来る
、と言われています。

「大文字」の大の字が一番有名ですが、これは京都東山の如意が岳の大文字山に
ともります。

如意が岳の大文字に対して「左大文字」と呼ばれるのは、北区の金閣寺近くにあ
ります。

このほか松ヶ崎の「妙法」、西賀茂の船山の「舟形」嵯峨の曼荼羅山の鳥居本を
合わせ、「五山の送り火」と呼ばれています。

私も2度ほど見物に行ったことがあります。1度目は洛中からタクシーを駆使し、
各山の点火時刻に合わせてできるだけ多くの送り火を見られるスポットに移動す
るという忙しいのでした。

嵯峨の「鳥居形」は、有名な嵯峨野、渡月橋の近くの河原から眺めたのでしたが
、真っ暗な山に、文字通り鳥居の形が浮かび上がる姿はなんだか怖くもあり、本
当に幻想的でした。

鳥居の形があの世への門のように思われ、お盆の間この世に還ってきていたお精
霊(おしょらいさん)達が、そこをくぐって冥府へと戻っていくような錯覚に陥
ったものです。


現代画報2010年8月号の記事に「夏の風物詩 京都の五山送り火」とありまし
た。今年の送り火はもう済みましたが、京都に秋はもうきているでしょうか。




実に色々な物がオーダーメイド出来る時代になったものだと思います。
広告の中には友人が乗っている車のパーツを販売をしているサイトも見られ、パソコンで店舗を探すことが難しい、と言っていた友人に教えてみようかと思いました。
ザ・ヒューマンを発行する現代画報社 雑誌は、大阪市西区立売堀1-7-18にあり、電話番号、06-6536-2529です。
友人は、デザインの問題ではなく、WEB作成 大阪の業者にお願いしてサイトをリニューアルしたそうです。
よく聞くけれども実際に経験をしないと理解し難い部分もあるだろうと思ったそうで、初心者のために分かり易く解説してくれると評判です。
デジタル一眼の購入を考えていて今ならNEX-5NDがよさそうだと聞いていました。
車へのこだわりはなかなかのもので、車内のパーツやタイヤに至るまで、部品の1つ1つにまでこだわり、取り付けているそうです。
現代画報社 異業種ネットの中で私が一度名刺交換したいと考えた企業が、近所の企業で、以前から知り合いに成りたいと考えている私には、とてもサイトに思います。
友人は最初この情報に関してまったく無知だったときに司法書士 大阪の知人から紹介して貰ったものらしく、今度メールでその情報をくれると話してくれました。
お肌を美しく保つ事以外にも女性はいろいろな面に気を使っている方が多いようで、例えば歯列矯正をされた方は、接客業をしているので笑顔を奇麗に見せる為に歯並びを矯正したと聞きました。
PR
【2011/09/23 16:09 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<月刊 ザ・ヒューマンの取材 円高の背景に | ホーム | 評判 ヒマワリ栽培はセシウム汚染除去の効果小>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>