忍者ブログ
  • 2017.06
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017.08
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/07/23 15:39 】 |
ザヒューマン 特集 時間で得るもの失うもの
国際ジャーナルの巻頭特集「裁判の迅速化やいかに 速く正しく、裁く」は、考えさせられるテーマですね。最高裁で裁かれる時には、事件発生から十数年経過していることなんて当たり前。時効の成立と同じくらいの長い時間をかけて裁く、どうしてそんなに時間がかかるんでしょう?起訴と控訴の応酬でそうなるのか、人手が足りないのか、正直私たち国民にはその理由がイマイチよく分かりません。
とはいえ、民事裁判においては一審、二審で9割の裁判が二年以内に終了していることも事実です。「裁判の迅速化に関する法律」がどこまで功を奏しているかは分かりませんが。勉強不足なだけなのか。。うーむ。
裁判は迅速なだけではもちろんダメで、一番肝心なのはどれだけ充実した審理を行なえるか、ですから。ここで速く終わらせるために裁判所が職権を強行したり、事件内容の検証が不十分であってはそれこそ本末転倒なわけです。おそらく、迅速化をするべきところは、書類作成に関する手続きや裁判所・検察庁の人員の拡充、検察官による手持ち証拠の事前開示や捜査過程の可視化などなどのための、制度改革にあるでしょう。改良のための法改正が求められるわけです。
時間をかけることによって得るもの、反対に失うものがあることを忘れずに、慎重で充実した審理を行って欲しいものです。それを求めるのは国民の権利ですよね。行政に対してだけでなく、司法・立法に対しても私たちは目を光らせないといけないのです。





また、ワンデーの特徴を生かしたワンデーモイストは、潤いを感じやすいコンタクトのようで、目が乾く為にコンタクトを控えている方にもお勧め出来そうですし、友人自身、目が乾燥しやすいそうでこういった商品が自分には合っているかもしれないと話していました。
知人にお勧めしたいサイトもいくつか見つける事ができ、お洒落が好きな知人にはサイトの情報や、最近血糖値が気になると言っていた親戚にも、血糖値を下げる為の方法がいろいろ書かれているサイトを紹介したいと思いました。
更には自身の銀行コードだけではなく、郵便番号検索情報をまとめていました。
また、友人は学生時代に国際ジャーナルを購読していたそうなのですが今でもその思い出話を聞かせてくれます。
このような住宅サイトを見ていると、住宅ローンでフラット35というものを目にすることが多くあります。
更に役に立つかもしれないからと報道ニッポン 月刊誌に安心して依頼の出来そうな所を探してみたところ、数箇所良さそうな取材場所を発見出来たそうです。
例えば塗装がどのように行われるのかであったり、塗装の家の手入れに関する事やリフォームの口コミ情報にも詳しいので周囲の方に教える事も少なくないそうです。
そのお陰もあり、今では現代画報社 ビジネス雑誌を読む方にも、分かり易く解説できるようになったそうです。
テレビCMでもよく目にするバイオスターの広告や、最近、監視カメラのカメラが目に飛び込んできました。
ビジネスチャンスを応援する国際通信社グループは、経済誌・月刊誌が多数出版されています。とても参考になる書籍が多いです。
PR
【2011/08/02 13:58 】 | 未選択 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<ザヒューマン 特集 どうする? | ホーム | 国際ジャーナル 特集 一般家庭でとりくむ環境への対応>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>